弁護士 髙野亜紀

スタッフ2_ (3).jpg  

経歴 

北海道札幌市生まれ
札幌北高等学校卒業
北海道大学法学部卒業
早稲田大学大学院法務研究科修了
司法試験合格
東京の稲井孝之法律事務所にて勤務
東京弁護士会から高知弁護士会へ登録換え
中西・髙野法律事務所開設

 


 

所属

日弁連高齢者・障害者権利支援センター 委員
日弁連人権擁護委員会障害者差別禁止法制定特別部会 部会員
高知弁護士会高齢者・障害者支援センター「くるみ」運営委員会 委員長
高知弁護士会司法委員会(家事) 副委員長
高知弁護士会子どもの権利委員会 副委員長
障がいと人権全国弁護士ネット 会員
介護保障を考える弁護士と障害者の会全国ネット スタッフ弁護士
高知こどもの図書館 監事
こども支援ネットみんなのひろっぱ 事務局長
 

執筆

賃金と社会保障1634号に髙野の原稿が掲載されています。
「ヘルパーが記録した1日24時間の介助記録と本人への詳細な聴き取りを行政に提出して24時間介護を得た事例」
 

趣味

アウトドア

私は、北海道で生まれ、大学を卒業するまで北海道で過ごしてきました。北海道といえば、大自然。アウトドア好きの両親の影響もあり、幼少の頃から、キャンプや釣りなどのアウトドアが大好きでした。大学時代は、マイカーの荷台にテントとBBQセットと温泉セットを常備し、いつでも野宿できるようにしていたほどです。


東京で暮らすようになって、アウトドアからは縁遠くなっていましたが、高知に来て、四万十川や仁淀川など、すばらしい自然が身近にあることから、最近またアウトドアを再開しました。高知市内から車で少し走るだけで、山や川や海など、様々な自然を満喫できる絶好のアウトドアスポットがたくさんあるのは、高知ならではの魅力です。北海道よりも季候が良く、アウトドアを楽しめる季節が長いのも嬉しいかぎりです。
 

料理

高知は、新鮮な海の幸・山の幸が豊富な土地です。南国ならではの食材も多く、スーパーや市場には、いままで見たことのない野菜や果物、魚が並んでいます。私は食べることが大好きなので、変わった食材を見つけては、ネットで食べ方を調べたり、周りの人に調理方法を教えてもらったりしながら、いろいろな食材に挑戦しています。

最近のヒットは、特産のゆずの果汁。搾ってそのまま瓶詰めされた果汁が数百円で売られており、酢の物にしたり鍋のつけだれに混ぜたりオリーブオイルと塩と合わせてサラダのドレッシングにしたりと何にでも使えるので重宝しています。


そして、高知に来て初めて食べて大好物になったのは、グレやタチウオなどの白身魚。煮て良し焼いて良しですが、なにより、そのまま刺身で高知ならではの少し甘めの醤油につけて食べると淡泊で上品な味を楽しむことができます。さしみのツマには、これまたこちらに来て初めて知ったリュウキュウ。独特の歯ごたえが何とも言えません。

高知の食材はどれも新鮮でおいしいのですが、ついつい食べ過ぎてしまい、体重が増加の一途をたどっていることが目下悩みの種です。

 

bengoshikoramu.pngのサムネール画像
 

他の弁護士紹介はこちらからご覧下さい

弁護士 中西法貴 ●弁護士 髙野亜紀

Img4.jpg
HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.