顧問弁護士のメリット

顧問弁護士を利用すると,次のようなメリットが
あります。
  nt_68.jpg

 

1.最優先で対応するため,被害を最小限に抑えることが可能。

問題が発生した場合,「どれだけ早く動くことができるか?」ということが,被害を拡大しないために最も重要なポイントです。顧問弁護士の場合,内情を十分に理解しており,かつ,最優先事項として問題に対処しますので,被害を最小限に抑えることが可能です。

 

一般的には,初めて会う弁護士と法律相談する場合は,①法律事務所に相談内容を連絡し,②相談の可否を確認し,③相談費用を確認し,④相談日程を調整した後に,ようやく⑤相談の実施という流れになります。
 
また,法律相談の際にも,まずは自社の業務内容の紹介という点から行う必要があるため,法律問題の中身に入るまでに多くの時間を割かれてしまいます。

 

特定の法律事務所と顧問契約を締結しておくことで,そのような手続きなしに,いきなり顧問弁護士に電話して,法律相談をすることができます。法律問題かそうでないか?弁護士に相談すべきかそうでないか?といった判断に迷うことがありますが,このような場合でも気軽に相談していただけます。
 

2.業務内容や内情の理解が得られているため,背景を説明する必要がなく,迅速に対応することが可能。

弁護士に相談するという状況になった場合,できるだけ早く正確に対応しなければならないケースが多いと思います。しかしながら,自社のことを理解している弁護士ではない場合には,どんなに優秀な弁護士でも,背景の調査や自社の業務内容の説明を丁寧にしなければなりませんし,理解度が低い場合は的確な提案ができない可能性もあります。また,時間をかけたからといって,必ずしも十分な理解を得られるとは限りません。

 

顧問契約をして,特定の弁護士に継続的に相談を持ちかけていれば,自社の業務内容や社内の固有の実情を,自然と弁護士に理解してもらうことが可能です。

 

3.企業理解度が深いため交渉や解決の期待が可能。

顧問先企業の案件を複数回行なっていった結果として,事業・企業の理解度が深まります。そのため,より的確な提案をすることが可能になりますし,気軽に相談できますので,契約交渉を有利に運ぶことや,紛争を未然に予防することが可能です。例えば,もめ事になりがちなポイントを事前に顧問弁護士から指摘を受けた上で,契約交渉を行うことも可能です。

 

また,実際に紛争が発生した際には,当事者としてはなかなか冷静な判断ができないものだと思いますが,顧問弁護士は,紛争を第三者的な観点から冷静に観察して,依頼者に紛争解決の方向性をアドバイスさせて頂きます。紛争の解決そのものを弁護士に依頼しない場合であっても,合理的な紛争の解決を図ることが可能です。

 

4.信頼関係を構築しやすくなり,相談をした場合の安心感が違う。 

顧問契約をして頂くと必然的にお会いする機会が増えますので,信頼関係を構築しやすくなります。そして,信頼関係が構築できた依頼者の案件を処理する場合,弁護士は,自身の能力を最大限発揮することが可能となります。なぜなら,弁護士は,弁護士倫理上厳しい職責を負っているため,信頼の置けない依頼者を警戒する傾向があるからです。

 

依頼者との信頼関係は,弁護士が職務を遂行する上で最も重要なポイントといっても過言ではありません。
 

5. 法的リスクを大幅に軽減しつつ,法務コストを軽減することが可能。

顧問契約を締結している企業の方につきましては,弁護士費用の割引が適用されます。また,法務問題は顧問弁護士が全て担いますので,企業内部に専門の法務担当を置く必要がなくなります。ですから,結果的に法務コストが大幅に軽減できます。

 

また,紛争の発生時,例えばクレーマー対応などでは,多大な時間と労力が割かれてしまいます。特に代表者が本来行うべき営業活動が行えなくなってしまう場合の損失は計り知れません。これは社会的な損失でもあると思います。

 

そのため,当事務所では,会社の企業規模等にもよりますが,法務に関する問題は原則的に顧問弁護士に任せて,経営者の皆様には本来的な企業活動に専念して収益を挙げてもらい,企業の更なる発展に尽くしていただくことこそが,企業経営者様には理想的な形態であると考えております。

 

さらに,法律顧問料は全額経費として処理できますので,実質的な負担は顧問料の半額程度となるものと思われます。よく「弁護士は高い」と言われますが,総合的なコストを考慮すると,多くの場合で価値のある選択肢となります。
 

顧問弁護士についてはこちらもご覧下さい。

顧問弁護士とは 顧問弁護士のメリット


Img4.jpg
HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.