契約書作成の注意点

契約書を作成するときには,いくつかの重要な
ポイントを意識しなければなりません。
  nt_20.jpg

①契約内容の網羅的記載

まず,契約書は,当事者間の契約内容を明確にするためのものですから,契約書の中には,契約内容が網羅的に全て記載されていることが必要です。

 

契約当事者間で,何かトラブルが生じそうな時,第一の行動指針となるのは契約書の記載です。契約書に網羅的な記載があれば,契約当事者は,契約書というある種のルールブックに従った解決が図れるわけですから,トラブルが深刻化するのを回避することが出来ます。

 

ですから,契約書には,あらゆる事態に対処できるよう,契約内容を網羅的に記載しなければなりません。

 

②法律等に違反していないこと

原則として,契約当事者は,契約内容を自由に決めることが出来ます。しかし,法律の中には,契約当事者が合意しているからといって,当事者の合意ではその内容を変更することが出来ない条項があります。これを強行法規といいます。

強行法規違反の契約条項は無効ですので,契約内容が強行法規に違反していないかを予め確認しておかなければなりません。

 

また,契約の内容によっては,行政などからガイドラインが示されていることもありますので,それらに反した内容になっていないかも確認する必要があるでしょう。

 

契約書についてお悩みの方はこちらもご覧下さい。

契約書の意義 契約書作成の注意点
契約書に関するトラブルに対する対処法
 


Img4.jpg
HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.