個人再生

相談風景2_ (1)0057.jpg  

個人再生とは、裁判所の決定に基づき、借金の額を圧縮し、その減額された金額を原則3年間(※場合によっては、支払期間を5年間まで延長することが可能です。)の分割弁済によって完済出来れば、残りの借金については免除してもらえるという制度です。

個人再生のメリットとしてまず挙げられるのは、自分の財産を失わずに済むという点です。自己破産をする場合、自己名義の財産は、換価され、債権者への配当に充てられてしまうのが原則です。しかし、個人再生ならば、自分の財産が換価されてしまうということはないので、特に失いたくない財産をお持ちの方は、個人再生を検討してみると良いでしょう。


また、個人再生の場合、自己破産とは異なり、職業面での資格制限がかかりません。ですから、たとえば保険外交員の方など、自己破産を行うとしばらくの間そのお仕事が出来なくなってしまうため、こういった資格制限がかからない個人再生の方法によって借金整理をするということが考えられます。


さらに、自己破産の場合、たとえば、専らギャンブルにお金をつぎ込んだ結果借金が膨らんでしまったというような方の場合、裁判所が借金の支払義務を免除してくれないことがあり得ます(※これを「免責不許可」といいます。)。しかし、個人再生の場合、免責不許可という制度はないので、自己破産申立てをしても免責不許可になる可能性が高いと見込まれる場合には、最初から個人再生の申立てをしておくということが考えられます。
 
個人再生のデメリットとしては、分割弁済の期間が3年~5年と比較的長期にわたるため、ある程度継続的な収入が見込める方でないと、そもそも個人再生という制度の利用自体が困難であるという点が挙げられます。

借金問題でお悩みの方はこちらもご覧下さい。

●借金問題でお悩みの方へ ●借金整理の方法
●弁護士による利息制限法に従った再計算 ●任意整理
●自己破産 ●個人再生
●過払金返還請求 ●借金完済後の過払い

Img4.jpg
HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.