遺言

遺言書とは

遺言とは、何のために書くものでしょうか。


一般に、遺言書は、「人の最終意思を表すもの」と考えられています。


のこされた家族に対して、どうやって財産を振り分けたいのか。

  nt_13.jpg

遺言者の最終意思を遺言書に記載しておけば、相続が開始した時、原則としてその内容通りに遺産が分割されます。
 

「自らの死後に家族が遺産を巡って争わないようにしてあげたい・・・。」そんなお気持ちをお持ちの方は、遺言書を作成されるのがよいでしょう。

遺言の種類

遺言とは、遺言者の最終意思の表れですから、遺言者の本当の意思を確保するために、遺言書が偽造されたり変造されたりすることを防がなければなりません。そこで、民法は、遺言書が有効とされるための要件を厳格に規定し、要件が欠けている遺言書は無効にするという取扱いをしています。


民法上有効とされる遺言書は、特殊なものを除けば、次の3種類のみです。 
 

自筆証書遺言

遺言者自身が自筆し、押印をするだけで作成することが出来る、最も手軽な遺言書です。


しかし、自分1人で作れるがゆえに、民法上の有効要件が欠けてしまい無効となる危険性が最も高い遺言書ともいえます。

 

公正証書遺言

公正証書遺言は、証人2名以上の立会いの下に、遺言者が公証人に遺言の趣旨を口頭で伝え、公証人が遺言者の口述内容を筆記する方法です。


公正証書遺言の場合、公証人が作成を行ないますので、作成後に遺言者と証人に読む、あるいは閲覧して作成内容を確認します。確認が完了いたしましたら、遺言者と証人が署名と押印をし、最後に公証人が署名と押印を行ないます。


公正証書遺言は基本的に公証役場で作成することが原則ですが、寝たきりで介護が必要な方など、公証役場まで出向くことが困難な場合には、公証人が家や病院まで訪問してくれる場合もあります。

 

秘密証書遺言

秘密証書遺言は、他者に遺言内容を一切知られることなく作成できる遺言書です。


作成した遺言書は、封筒に入れ、遺言書に使ったものと同じ印章で封印します。その際、封入、封印は遺言者自身が行います。証書の封印が完了したら、公証役場で、それを公証人1名及び証人2名の前に提出して、それが自分の遺言書であることなどを述べます。公証人が、証書の提出された日付と遺言者が述べた内容を封紙に記載し、遺言者・公証人・証人がともに署名・押印をすることで完成します。
 
以上のように、遺言書の書き方は複数ありますが、一般的に最も信頼できる方法は「公正証書遺言」です。公正証書遺言の原本は、公証役場で保管されますから、遺言書が偽造・変造されたり、遺言書を紛失してしまうというリスクを回避できる手続きであるといえます。


一方で、遺言の内容を他の誰にも知られたくない場合は、秘密証書遺言あるいは自筆証書遺言の利用をお勧めさせていただきます。

遺言について分からないことやお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。

 

相続・遺言問題でお悩みの方はこちらもご覧下さい。

●相続・遺産分割 ●遺言
●遺留分 ●特別受益と寄与分について

Img4.jpg
HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.