養育費について

養育費とは、未成年の子どもが社会人として自立するまでに必要となる費用のことです。


日常の生活費はもちろん、学費や医療費なども養育費に含まれます。


子どもがいる夫婦が離婚を考えた場合、養育費のことはとても気になる問題です。

  nt_52.jpg

養育費を支払う期間

養育費を支払う期間は、子どもが20歳になるまでとすることが多いでしょう。もっとも、最近では、大学進学率が高いことから、大学を卒業する22歳までとすることもあります。
 

養育費の金額の決定方法

養育費の金額は、まずは話し合いによって決定します。どうしても話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることができます。


また、離婚裁判に付随して、養育費の金額の決定を求めることもできます。
 

養育費の金額の算定方法

養育費は、基本的に、父母双方の収入(年収)を基準にして算定されます。
養育費の金額の目安として、算定表があります。
 

養育費の支払い方法

養育費の支払いは、財産分与や慰謝料と異なり、子どもが20歳になるまで等継続的に行われることが通常です。月に1回の支払いとすることが多いでしょう。


子どもがまだ幼い場合には、養育費の支払い期間が離婚後長期間にわたることになりますので、長期的な支払いを確保できるような支払の内容や方法を定めておくことが重要です。
 

養育費の金額の変更

一度決めた養育費の金額は基本的には変更できません。もっとも、養育費を支払う側が、失業したり、給与が下がったり、逆に給与が大幅に上がった場合など、経済的な状況が大きく変化した場合には、一度決めた養育費の金額を減額あるいは増額することが認められることがあります。

離婚についてお悩みの方はこちらもご覧下さい。

●離婚したいと思ったら・・・
 「離婚」で考えるべきポイント
●親権について
●慰謝料とは ●財産分与とは
●養育費について ●離婚・男女トラブル分野の解決事例


Img4.jpg
HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.