慰謝料とは

nt_35.jpg  

「慰謝料」という言葉は、テレビドラマや日常生活でも耳にすることが多いと思います。


しかし、法的な意味での慰謝料について、正確に理解されている方は少ないのではないでしょうか。

慰謝料とは、相手方からの不法行為によって被った損害のうち、精神的な損害を慰藉するための損害賠償金のことです


離婚の場合では、例えば、不貞行為(浮気行為)や暴力など、離婚をする原因を作った相手が行った違法な行為から生じた精神的な損害に対する賠償金や、離婚をせざるを得なくなったことで、配偶者としての地位を失ったことによる精神的な損害に対する賠償金があります。
 
慰謝料を請求できる場合
不倫や浮気をされた場合
DV(配偶者からの暴力)を受けた場合
生活費を一切渡してくれない場合
通常の性的交渉を拒否された場合
 
慰謝料を請求できない場合
相手側に離婚に至った原因がない場合
お互いに離婚に至った原因の責任がある場合
性格の不一致・価値観の違いによって離婚に至った場合

 
慰謝料の金額には、特に計算式があるわけではありません。
一般的には、次のような要素を考慮して金額を算出されます。
 
離婚原因となった行為の責任の程度
精神的な損害(被った精神的苦痛)の程度
婚姻期間の長さ
年齢
未成年の子どもの有無・数
慰謝料を支払う側の社会的な地位や支払能力
慰謝料を請求する側の経済的な自立
慰謝料を請求する側の離婚に至った原因についての責任の有無や程度
慰謝料の額

 
慰謝料の金額としては、裁判では200万円~300万円程度が平均的です。
裁判外で慰謝料の交渉を行う場合も、裁判になった場合を想定しながら交渉を行いましょう。慰謝料の請求は、裁判外で直接行うこともできます。


裁判で請求する場合には、不法行為に基づく損害賠償請求訴訟を提起します。140万円以下の場合は、簡易裁判所、140万円を超える場合は地方裁判所に申し立てを行います。もっとも、離婚訴訟に付随して申し立てる場合には、家庭裁判所に申し立てを行います。
 
慰謝料の請求はそれだけ独立して行う場合もあれば、離婚に付随して、財産分与などと関連させながら行った方がよい場合もあります。


また、裁判にした方がよい場合もあれば、調停を行った方がよい場合もあります。


まずは、離婚に詳しい弁護士に相談し、ご自身に一番合った方法を一緒に考えることをお勧めします。
 

離婚についてお悩みの方はこちらもご覧下さい。

●離婚したいと思ったら・・・
 「離婚」で考えるべきポイント
●親権について
●慰謝料とは ●財産分与とは
●養育費について ●離婚・男女トラブル分野の解決事例


Img4.jpg
HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.