後遺症について

nt_14.jpg  

後遺症とは、これ以上治療を継続しても、症状改善の見込みがない状態(いわゆる症状固定)になった時に、なお身体に残ってしまった不具合のことを言います。


後遺症が残ってしまった場合、後遺症慰謝料や後遺症逸失利益というものが発生しますので、後遺症が残らなかったケースと比べて、賠償金額は高額になります。

 しかし、被害者の方が、いくら「身体に不具合が残った。賠償してくれ。」と主張しても、それだけでは後遺症に対する賠償金は受け取れません。後遺症について適正な賠償を受けるためには、「後遺障害等級認定」という手続を経なければなりません。

後遺障害等級認定においては、まず、主治医に、専用の後遺障害診断書を作成してもらい、これを認定機関に提出します。そして、認定機関は、提出された後遺障害診断書と、医師から提供される画像資料等(レントゲン画像、CT画像、MRI画像など)をもとに、①そもそも後遺症が残っているのか、②後遺症が残っているとすれば、それはどの等級に該当するのか、を審査します。


このように、後遺障害等級認定は、原則として、診断書や画像資料といった書面のみに基づく審査なのです。ですから、自身の後遺症が適切な等級認定を受けられるか否かは、これらの書面を作成してくれる主治医の先生にかかっているといっても過言ではありません。


しかし、医師の中には、必ずしも後遺障害等級認定のための書面作成に慣れていない方もいらっしゃいます。


そこで、当事務所では、後遺障害等級認定の獲得を目指す被害者の方につきましては、治療に数回同行するなどして、主治医の先生に対するサポートも行わせて頂きます。

なお、ご参考までに、後遺障害等級を表にすると次のようになります。

 

後遺障害等級表と労働能力喪失率

等級
自賠責保険
(共済)金額
労働能力喪失率
第1級
3,000~4,000万円
100
第2級
2,590~3,000万円
100
第3級
2,219万円
100
第4級
1,889万円
92
第5級
1,574万円
79
第6級
1,296万円
67
第7級
1,051万円
56
第8級
819万円
45
第9級
616万円
35
第10級
461万円
27
第11級
331万円
20
第12級
224万円
14
第13級
139万円
9
第14級
75万円
5

 

交通事故被害でお悩みの方はこちらもご覧下さい。

●交通事故でお悩みの方へ ●交通事故問題解決の流れ
●賠償金額決定の3基準 ●損害賠償金の計算方法
●保険会社とのやりとりについて ●後遺障害(後遺症)とは?
●交通事故分野の解決事例 ●弁護士費用特約について
●むちうちについて ●むちうち治療のポイント
●12級と14級の違い  


Img4.jpg
HOME
●弁護士紹介
●事務所紹介
●ご相談の流れ
●アクセス
●弁護士費用

Copyright (C) 中西・髙野法律事務所 All Rights Reserved.